星野仙一

星野仙一がすい臓がん!?理由は糖尿病!?

投稿日:

星野仙一さんが亡くなりました。

中日の選手から、中日監督、阪神監督、楽天監督を務め、何度も日本一に貢献してきた名将の死に驚きが隠せません。

調べてみると、死因はすい臓がんとのこと。

しかし、そのすい臓がんは、糖尿病のインスリン治療が引き金のなったかもしれないとのこと。

少し調べて見ました。

星野仙一とは

プロフィール
国籍 日本
出身地 岡山県の旗岡山県児島郡福田町
(現・倉敷市)
生年月日 1947年1月22日
没年月日 2018年1月4日(70歳没)
身長
体重 180 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1968年 ドラフト1位
初出場 1969年4月13日
最終出場 1982年10月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
岡山県立倉敷商業高等学校
明治大学
中日ドラゴンズ (1969 - 1982)
監督・コーチ歴
中日ドラゴンズ (1981 - 1982, 1987 - 1991, 1996 - 2001)
阪神タイガース (2002 - 2003)
東北楽天ゴールデンイーグルス (2011 - 2014)

すい臓がん

星野仙一さんはすい臓がんで亡くなりました。

すい臓がんとは、発見、治療がとても難しいガンです。

また、非常に転移しやすく、体の離れた場所にも容易に転移してしまう恐ろしさを持っています。

ドクターXの最終会にも取り上げられた、非常にやっかいなものになります。

糖尿病

すい臓がんを引き起こしたのは、以前から患っていた糖尿病である可能性があります。

インスリン治療は、すい臓に負担をかけるため、このせいでガンが発症してしまったのでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

糖尿病という生活習慣病から、すい臓がんという非常に怖い病気が発症してしまいました。

「燃える男」と呼ばれた人も、病気には勝てませんね。

とても惜しい人を亡くしましたが、今はただご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク

-星野仙一

Copyright© 2018年 花粉情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.