未分類

米軍ヘリ不時着!これで何回目??

更新日:

米軍普天間飛行場(沖縄県)所属のUH1ヘリコプターが同県うるま市の伊計島に不時着した問題で、島袋俊夫市長は7日市役所を訪れた防衛省沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長に抗議した。 「(トラブールの)頻繁が高過ぎる。積重ねの延長に大惨事が待っている」と述べ、安全対策を米側に求めた。

米軍ヘリ不時着!これで何回目??

沖縄県東村高江で炎上した米軍普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリ2機が24日午前、嘉手納基地の滑走路でタッチ・アンド・ゴーや低空で通過するローパスを繰り返した。前日の23日には嘉手納町議会...村議会基地関係特別委員会の上地上委員長は「何とか抗議決定もしても軍は一向に改善しないことが問題だ。村民・県民の命を軽視している。 .. 2019年1月6日18:02・沖縄・伊計島で米軍UH1ヘリ不時着火災、けが人は確認されていない。

米軍ヘリ不時着!これで何回目??

 

また沖縄で米軍機が住民に不安の影を落とした。6日後に米軍ヘリが砂浜に不時着した沖縄県ううま市の伊計島(いけいじま)。一番近い住宅までで約130メートルに迫っていた。島では1年前にも米軍ヘリが不時着している。のどかな島に響いた爆音に、住民からは「やって」「もうやめて」と悲痛な訴えが聞こえた。

米軍ヘリ不時着!これで何回目??

まるでマスコミが正に予着着陸と米軍の発表どおりに報じています、親切なマスコミは予着着陸と不時着の違いをわざわざしせていますで同じニュースをこのように違うニュアンスでプロバガンダをするようには本当に信用が置かれません。予感着陸は指定された警報灯が点灯した、天候が最悪になって前に後ろにも進むことが出来なくなった場合など、最悪の事故を防止するためのパットトリップが意図ですして安全な場所へ着陸することを言います。

米軍ヘリ不時着!これで何回目??

 

沖縄県うるま市の伊計島の砂浜にアメリカ軍のヘリコプターが不時着した事故で、アメリカ軍は現場でヘリコプターの解体作業を実施。現場での解体は異例で、自力で飛行できないほどのものだ性もある。

米軍ヘリ不時着!これで何回目??

 

後悔しない米軍機の事故。沖縄では、おとと12月に名護市の浅瀬でオスプレイが大破する事故が起きてからも、アメリカ軍の軍用機による事故やトラブルが20件以上起きています。このうち、去年1月には、今回同じ、うまま市の伊計島に普天間基地に配備されている攻撃ヘリコプターが不時着しました。また、去年10月には、東村の民間の牧草地に大型ヘリコプターが緊急着陸し、炎上しました。

スポンサードリンク

-未分類

Copyright© 2018年 花粉情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.