鈴木康大

鈴木康大さんが資格停止処分!あの事件の真相とは!

投稿日:

日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は9日、 昨年9月に石川県で開催されたカヌースプリント日本選手権で、鈴木康大選手(32)= 久野製作所=が小松正治選手(25)=愛媛県競技力向上対策本部=のドリンクに意図 的に禁止物質を含むステロイドを混入、その結果として小松選手が暫定的に資格停止と なっていた事実を公表した。

鈴木康大さんが資格停止処分!

日本カヌー連盟は9日、昨年9月のカヌー・スプリントの日本選手権(石川県小松市)で 鈴木康大選手(32)=福島県協会=が、優勝した小松正治選手(25)=愛媛県協会= の飲み物に禁止薬物である筋肉増強剤メタンジエノンを混入させ、小松選手が ドーピング検査で陽性となっていたと発表した。 日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は 昨年12月13日付で、鈴木選手に8年間の資格停止処分を決定。10月20日に通知した 小松選手の暫定的資格処分を解除し、資格停止は科さずに救済する。

鈴木康大さんが資格停止処分!

鈴木康大のカヌー資格停止理由. 冒頭でも掲載しましたが、彼は2018年1月9日に8 年間にも及ぶカヌー資格停止処分を受けたと報じられ、世間の注目を集めています。 なぜ彼は、停止処分を受けてしまったのでしょうか? そこで理由を調査したところ、以下 の事が判明しました。 彼は、同じカヌースプリントの「小松正治(こまつせいじ)」選手の 飲み物に大会で禁止されている禁止薬物を混入させていた事が判明し、停止処分を 受けている事がわかりました。

鈴木康大さんが資格停止処分!

カヌー選手の鈴木康大が、相手選手の飲み物に禁止薬物を混入した問題。日本アンチ・ ドーピング機構は、鈴木を8年間の資格停止とする処分を決めた。日本カヌー連盟は 除名処分にすることを決め、今後の理事会などで提案される.

鈴木康大さんが資格停止処分!

日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は9日、昨年9月に石川県で開催されたカヌー スプリント日本選手権で、鈴木康大選手(32)=久野製作所=が小松正治選手(25)= 愛媛県競技力向上対策本部=のドリンクに意図的に禁止物質を含むステロイドを混入、 その結果として小松選手が暫定的に資格停止となっていた事実を公表。鈴木選手を8 年間の資格停止処分とするとともに、小松選手の処分を解除した。 小松選手はこの日本 選手権のカヤックシングル200メートルで1位となったが、同日のドーピング検査で陽性反応が出た。

スポンサードリンク

-鈴木康大

Copyright© 2018年 花粉情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.