ダイヤモンドキープ

楽天ダイヤモンド会員に!楽天銀行を使ってポイントアップ!

ダイヤモンド会員になると、様々な優待サービスを受けられます。

 

その中の一つに、楽天銀行の口座作成があります。

 

楽天銀行に口座を持っていると、楽天のブロードバンドサービスである楽天ひかりを利用したときに、20000円のキャッシュバックをもらうことが出来ます。

 

それだけでなく、他銀行に振り込みが無料になったり、楽天銀行経由のお金のやり取りで楽天ポイントがもらえたりと、楽天ユーザーにとっては非常に有益な銀行となっています。

 

今回は、そんな楽天銀行について解説していこうと思います。

 

【楽天 ダイヤモンド会員】楽天銀行とは

楽天銀行とは、SBIネット銀行やイオン銀行といった、ネット銀行の一つで楽天が運営しています。

 

ネット銀行というのは、口座を開くときに窓口に行かなくても、ネット申し込みと申込書の送付だけで開設できる銀行のこと。

 

ゆうちょ銀行やUFJ銀行のような普通の銀行との違いは、他銀行への無料振込や無料ATM引き下ろしが出来ることや、窓口やATMに行かなくてもお金の振込が出来ることです。

 

普通に銀行には通帳とカードが付いてきますが、ネット銀行には通帳がありません。なので、記帳する必要もなく、入金や出金履歴はネット上で見ることになります。

 

【楽天 ダイヤモンド会員】楽天銀行のメリットとは

楽天銀行のメリットは上述した他行に無料振り込みが出来ることやATM利用が無料なことだけでなく、楽天銀行経由のお金のやり取りにポイントが加算されることです。

 

ハッピープログラムという名前なのですが、楽天銀行を利用した振り込みや入金、取引など1回1回にポイントが1~3付与されます。

 

ハッピープログラムの中にもランクがあり、給料の振込や銀行口座払い、自分の持っている銀行間のお金の移動、銀行残高などでランクが決まり、他行無料振込の回数やATMの無料引き出し回数、取引一回のポイント還元が決まります。

 

楽天銀行を使い方の基本は、ハッピープログラムのランクを上げて、他行無料振込の回数を増やし、別のネット銀行とのお金のキャッチボールにより、ポイントを稼いでいくというものです。

 

詳しくは楽天銀行のレビュー!他銀行とお金キャッチボールでポイント還元が!をご覧ください(リンク作成)。

 

【楽天 ダイヤモンド会員】楽天ひかりのために

楽天銀行は前述のハッピープログラムだけでなく、楽天ひかりを契約したときのキャッシュバック受け取りに必要です。

 

キャッシュバックが20000円もありますので、これを逃すのは惜しいでしょう。

しかも、ポイント還元ではなく、現金で還元されます。

 

楽天ひかりは、NTTの光回線を利用したものなので、既に引かれている場所は特に工事等はありません。

 

NTTの回線が家まで来ておらず、ソフトバンクなどの無線WIFIのみを利用している方は、楽天ひかりに加入できません。

 

楽天銀行は楽天ひかりに加入してこそ、キャッシュバックの受け口になりますので、単品で使ってもキャッチボール(リンク)の楽天ポイント稼ぎくらいにしか使えません。

 


まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

楽天銀行はハッピープログラムのランクに合わせて他行に無料振込出来る回数や無料ATM利用回数、1回の取引毎のポイント還元数が決まっています。

 

ダイヤモンドになった方は、次は楽天銀行の最高ランクであるスーパーVIPを目指してみてはいかがでしょうか。一番簡単になるのは楽天銀行に預けているお金が300万円以上になることです。

 

スーパーVIPになることにより、他行無料振込の回数が3回になり、無料ATM使用回数7回、1回の取引の楽天ポイント還元が3ポイントになります。

 

詳しくは楽天銀行のレビュー!他銀行とお金キャッチボールでポイント還元が!をご覧ください(リンク作成)。

 

楽天ダイヤモンド会員に!楽天モバイルを使ってポイントアップ!に進む⇒

-ダイヤモンドキープ
-,

Copyright© 楽天ダイヤモンド会員最短3か月攻略! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.