使ってみて

楽天でんきのレビュー!電気料金でポイント二重取り!

このページでは、楽天でんきを使用したありのままの感想をお届けします。

 

契約を迷っている人の参考にでもなりましたら幸いです。

 

【楽天でんき レビュー】メリット・デメリット

楽天でんきのメリット

・電気料金が安い

・楽天ポイント払いが出来る

・特に手続きがいらない

 

楽天でんきのデメリット

 

・特に見当たりません!

 

楽天でんきの最大のメリットは電気料金の安さです。

 

僕は中部電力から楽天でんきに契約を変えて700円ほど安くなりました。

 

もともとは中部電力だったので、基本料金が月々の料金に加算されていたのですが、楽天でんきは基本料金0円で使った分だけお金がかかりますので、料金が700円下がったのも納得です。

 

ちなみに、僕は一人暮らしで、朝~夕は仕事に出ているため電気もさほど使わない生活を送っているので、電気料金は低めだと思っています。

 

これが、4人家族とかなら、より楽天でんきに買えた恩恵を得られるのではないでしょうか。

 

ネットを見ていると、楽天でんきは電気の1kWごとの固定料金なので、電気をあまり使わない世帯は料金が上がると書いてあることが多いのですが、そんなことはないと思います。

 

【楽天でんき レビュー】中部電力と楽天でんきとの比較

中部電力から楽天電気に変えて700円ほど安くなったのは、なぜなのか調べてみました。

 

現在我が家の契約電流は30A。楽天でんきにするときには、契約電力を引き継ぎますので、中部電力の時も契約は30Aだったと思います(変えたのが結構前なので、よく覚えていません。)。

 

電気使用量は月ごとにかなりのばらつきがあるのですが、平均150kWくらいです。

この値で料金を試算してみたいと思います

 

★中部電力(ポイントプラン)

基本料金 契約電流30A 858円

電力量料金 150kW 25,54円/kW ⇒ 3831円

合計 4689円

 

★楽天でんき(プランS)

基本料金 0円

電力量料金 150kW 26.50円/kW ⇒ 3975円

合計 3975円

 

つまり、これだけでも714円お得になっています。

 

さらに楽天ポイント加算があるので、更なるキャッシュバックが見込めます。

 

ちなみに、比較すると1kWごとの単価は楽天でんきの方が高く設定されています。

 

1kWにつき約1円の差がありますので、楽天でんきが中部電力の料金と同じになるのは使用電力が858kWを超えたときになります。

 

よほどのことが無い限り、そんなことは無いのではないでしょうか。

 

【楽天でんき レビュー】手続き

楽天でんきは他社から乗り換えでしか契約できません。

 

なので、最初管轄の大手電力会社と契約しましょう。

 

その後、検針が来ると検針票が家のポストに投函されますので、それを見て楽天でんきと契約を進めます。

 

契約電力は今使っているものをそのまま使う形になり、変更はできません。

 

ただ、契約可能なのが30A~なので、これより低い場合は今の電力会社で30Aに変えてから、楽天でんきとの契約になります。

 

インターネットから一通りの手続きを済ませたら、あとは待つだけ。

楽天でんきが通る日時が分かりますので、その時間になれば勝手に切り替わります。

 

停電したり、業者と対面して何かをしたりする面倒なことは一切ありませんでした。

 


まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

なかなか長年使い続けた電力会社を変えるとなると、メンドクサイように思えますが、ダイヤモンド会員になるためには必要です。

 

面倒な手続きもありません。

 

電気料金200円につき1ポイントがもらえ、楽天カード払いで100円につき1ポイントもらえますので、ポイントのダブル取りをすることが出来ます。

 

一度ご検討されてはいかがでしょうか。

 

-使ってみて
-,

Copyright© 楽天ダイヤモンド会員最短3か月攻略! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.