使ってみて

楽天銀行のレビュー!他銀行とお金キャッチボールでポイント還元が!

皆さんは今使っている銀行は何でしょうか。

 

昔からゆうちょ銀行やUFJ銀行、みずほ銀行などを使い続けている人も多いと思いますが、最近ではネット銀行というものが出てきています。

 

ネット銀行と従来の銀行の違いは、無料で他銀行口座に振込が可能なことだったり、24時間利用できることだったりします。

 

これから紹介する楽天銀行もそのネット銀行のうちの一つで、無料振込等が可能なのですが、他の銀行と違う点は利用する回数に応じて、楽天ポイントを貰える点です。

 

そこで、今回はネット銀行の中でも楽天ユーザーならぜひ利用したい楽天銀行について、レビューやメリット、デメリットについてご紹介していきます。

 

楽天銀行に関する説明は楽天ダイヤモンド会員に!楽天銀行を使ってポイントアップ!をご覧ください。

 

【楽天銀行 レビュー】楽天銀行のメリット

  • 他銀行口座への振込が無料
  • 楽天銀行以外のATMでの引き下ろしが無料
  • 入金・振込などの各種サービスを利用したときに楽天ポイントを1~3ポイント獲得
  • 定期預金をネットから出来る
  • 他銀行から移行して預けたお金に追加で金利がつく
  • マネーブリッジで金利1%
  • 楽天銀行口座と楽天カードを持っているだけで、楽天市場の倍率+1倍
  • 開設するだけで数千円ポイントが優待で貰える
  • 家にいながら、振り込みが出来るので、近くにATMが無くてもいいし、時間も関係無し
  • ネット銀行はログインや入出金があったときは通知メールがくるから、勝手に使われたら分かる
  • マネーフォワードにもあるので、連携させることが出来る。

他銀行口座への振込が無料

楽天銀行ではハッピープログラムという、ランクアップシステムによりブロンズ~スーパーVIPまで5段階のランクが決まります。

 

ランクにより、1~3回まで他銀行に振込が無料となります。

さらに詳しく

給与入金口座に設定とすると無料振込回数が+2回となり、計5回とすることが出来ます。

 

楽天銀行以外のATMでの引き下ろしが無料

こちらもランクによって1~7回までATMの使用が無料になります。

 

楽天銀行は特定のATMが用意されていないため、この枠の中で他銀行のATMを使ってお金の入出金を行います。

 

入金・振込などの各種サービスを利用したときに楽天ポイントを1~3ポイント獲得

給与振込、他銀行への振込、他銀行からの入金、楽天ローン、楽天TOTOなど、楽天銀行のサービスを利用するとその都度1~3ポイントが貯まります。

 

ランクによって、ブロンズ・シルバーが1ポイント、ゴールドが2ポイント、VIP・スーパーVIPが3ポイントとなっています。

 

ココがポイント

ランクアップには様々な条件があります

例えば、当面の目標となるVIP会員には、預金が100万以上or取引回数20回という条件があります。

 

取引回数20回というのは、楽天銀行の他行無料振込回数から考えると全然割に合わないかと思いますが、他行から受け取ってもいいので他にネット銀行を使っている方はクリアできるのではないでしょうか。

 

他銀行にお金が100万以上貯まっている人は、口座を開設して100万以上のお金を移したその月にVIP会員となれます。

 

ココがおすすめ

VIPとなると、取引×3ポイントが入ってきますので、不労所得として馬鹿にならない額になります。

 

300万位以上あるとスーパーVIPとなり、他銀行無料振込が3回やATM無料使用回数7回となりますが、特にVIPよりも恩恵があるわけではないので、別の銀行にお金をまとめたりして、そちらのランクを上げる方がいいかと思います。

 

定期預金をネットで出来る

ゆうちょ銀行やUFJ銀行などは、定期預金をするときは窓口に行って、定期預金の口座を用意しなければなりませんが、楽天銀行ならネットから定期預金口座を即時に開設することが出来ます。

 

いちいち窓口に行く必要はありませんし、いつでも解約できますので、急な出費があっても安心です。

 

他銀行から移行して預けたお金に追加で金利がつく

楽天銀行では、他銀行の自分の口座から移したお金に金利を適用して定期預金が出来ます。

 

利息はなんと最大0.15%(年率)。普通の銀行15倍くらいあります。

 

ココに注意

時々やるキャンペーンでの金利。普段は0.13%程度です。

 

期限が1か月と3か月の2つから選ぶことが出来、期限となると再投資か返却かの設定をすることが出来ます。

 

マネーブリッジで金利1%

もともとの金利は0.02%なのですが、楽天証券で口座を開設し、マネーブリッジの設定をすると金利が0.1%となります。

 

通常の銀行と比べ10倍の金利がありますので、預金残高が多い人には特にオススメです。

 

楽天銀行口座と楽天カードを持っているだけで、楽天市場の倍率+1倍

楽天市場のポイントアッププログラムの一つです。

 

楽天銀行と楽天カードを持っているだけで、ポイント還元倍率が+1倍となります。

 

たかが+1倍ですが、ふるさと納税をするときに大きな違いとなって現れますので、ぜひ条件クリアしておきたいところです。

 

開設するだけで数千円ポイントが優待で貰える

ダイヤモンド会員の方が楽天銀行を開設するとポイント優待をつけることが出来ます。

 

月によって替わりますが大体2000ポイントほどが多いようです。

 

ココに注意

優待が出ない月もあります。

次の月には恐らく出ますで、そのときは焦らず待ちましょう。

 

24時間、家に居ながら利用が可能

この点がネット銀行の最大のメリットです。

 

今まではATMや窓口に行って、お金の振込をしていましたが、楽天銀行を含むネット銀行は家に居ながら振込をすることが出来ます。

 

なので、振込むときに落ちついてすることができますし、無料振込回数内であれば振込手数料がかかりません。

 

ネット銀行はログインや入出金があったときは通知メールがくるから、勝手に使われたら分かる

 

マネーフォワードにもあるので、連携させることが出来る。

 

【楽天銀行 レビュー】デメリット

楽天銀行のデメリットは以下の通り。

  • ゆうちょ銀行との連携が上手くいかず、手数料がかかってしまう。
  • ネット銀行なので水道料金の引き落とし口座に使えない(まだ対応してない)
  • 開設するのに1週間ほどかかる。
  • ログインするのに、ユーザーIDとパスワードの他に、たまに口座番号や秘密の質問を聞かれる。
  • カードローンが高い
  • 楽天銀行に他銀行から入金すると、即時反映と言っているが、数十分のラグがある。

 

ゆうちょ銀行との連携が上手くいかず、手数料がかかってしまう

メリットの中に他銀行無料振込がありますが、ゆうちょ銀行にだけは手数料が無料になりません。

 

僕はゆうちょ銀行から引き落としのものが一つだけありますので、そのときは、一度SBIネット銀行に飛ばしてから、SBIネット銀行からゆうちょ銀行に無料振込を行っています。

 

対応していない会社がある

ネット銀行全般に言えることなのですが、まだシステムが対応していなくて引き落とし出来ない会社があります。

 

僕も水道料金を引き落とすのに楽天銀行を含むネット銀行3つが対応していないため、ゆうちょ銀行から唯一引き落としの口座にしています。

 

ただ楽天銀行⇒ゆうちょ銀行はお金がかかりますので、一度SBIネット銀行に飛ばしてから、SBIネット銀行からゆうちょ銀行に無料振込を行っています。

 

開設するのに時間がかかる

ゆうちょ銀行やUFJ銀行などは窓口にいけばすぐに開設することが出来ますが、楽天銀行はネットで手続きをしてから、文書でのやり取りとなります。

 

どうしても、到着を待つ時間が多くなり、最短でも1週間はかかると思っていてください。

 

なかなかログインできない

これはメリットにもなるかもしれませんが、たまに楽天銀行に入ろうとするとログインIDとパスワードの他に口座を開設するとき設定した秘密の質問や、口座番号などを聞かれることがあります。

 

忘れないようにどこかにメモしといてください。

 

カードローンが高い

JAなどのローンと比べ、楽天銀行のカードローンは利率が高いので、借りるのはオススメ出来ない。

 

車を買うなどのときに、分割払いをしたい方などは、どこかでお金を借りて買う方が多いと思いますが、預金しているのがいくらであっても金利は変わらないので注意が必要です。

 

本当は、JAのオートローン並みに安ければ良いのですが・・・

 

即時反映ではない

楽天銀行から他のネット銀行に振り込みを行うと、日中であっても反映まで数十分かかります。

 

振込の額が多いと、どこかに消えてしまったのではないかと少し焦りますが、どうしても時間がかかってしまうものなので安心して反映を待ってください。

 

【楽天銀行 レビュー】楽天銀行のキャッチボール

ここからは、楽天銀行と他銀行とのキャッチボールについて解説していきます。

 

楽天銀行のハッピープログラムにエントリーすると、お金の振込・入金等で1~3ポイントがもらえます。

 

このサービスを利用して、他の銀行口座との間でお金を移しあうことでポイントを獲得していこうというのが、今回の試みです。

 

僕が使っているのは、イオン銀行、SBIネット銀行、楽天銀行の3つ。

 

それぞれ銀行でランク毎に他銀行口座への無料振込がついています。

 

イオン銀行では現在3回、SBIネット銀行では7回、楽天銀行では5回(ランクはVIP)です。

 

これらの銀行で事前に予約振り込みを組んでおき、最大限のキャッチボールをします。

 

ココがポイント

一日の中で複数の振込があってもカウントは1ですので、日にちを分散させます。

 

また、ハッピープログラムは前月25日~今月25日の1か月スパンでカウントされるため、25日をまたがないように気を付けます。(計算が煩雑になります。)

 

僕は以下のような予約振り込みでやっています。

 

銀行受け渡し日

イオン銀行 ⇒ 楽天銀行 11、12、13日

SBIネット銀行 ⇒ 楽天銀行 14、15、16、17,18,19日

楽天銀行 ⇒ SBIネット銀行 ⇒ 20、21、22、23、24日

 

これだけで14回ありますので、×3で42ポイント獲得することが出来ます。

 

事前の設定だけで、まったく手を触れずに42ポイントをゲットで出来るのは、ちょっと嬉しいですよね。

 

それに加えて、本業の収入やブログの収入振込先にも指定し、銀行払いのものがいくつかありますので、月の楽天ポイント収入は50ポイントを超えます。

 

年間600ポイントも貯まりますので、馬鹿にできませんね。

 

細かい注意点としては、3つの銀行をカツカツで回すのではなく、移動する資金が尽きないように振込額による調整や給与の入金などをすることが重要です。

 

特に、SBIネット銀行のように他行無料振込回数が多い銀行口座には、楽天銀行から多めにお金を飛ばして、それを何回かに分けて返してもらう方法がいいかと思います。

 

また、職場で給与の入金口座を複数選択できる方は、3つとも給与の受け取り口座に指定しておくと、それぞれの銀行でランクが上がりますし、受け取るとポイントがもらえますのでオススメです。

 


まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

楽天銀行の最大のメリットは他行無料振込回数の多さと、それを使ったポイント稼ぎです。

 

ゆうちょ銀行やUFJ銀行では、利息0.01%ですので、10000円移して1円の利息が付きますが、楽天銀行では、1000円を他銀行に移すだけ・受け取るだけで最大3ポイントが貰えます。

 

つまり利息は0.3%ということになります。

 

こんな利息のつく銀行は今では一つもありません。

 

また、通常の預金口座も、楽天証券とのマネーブリッジをすることにより、利息が0.1%となりますので、これも楽天銀行の良さの一つです。

 

気になる方は一度銀行口座を作ってみてください。もちろん作るだけなら無料で出来ます。

 

-使ってみて
-,

Copyright© 楽天ダイヤモンド会員最短3か月攻略! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.