ダイヤモンドキープ

楽天ポイント投資!ポイント還元率たったの+1倍?でもノーコスト!

楽天市場のポイントアッププログラムの中で、楽天証券へのポイント投資ってありますよね。

 

証券会社に登録するのがめんどくさかったり、投資と聞くと危ないような気がして、まだやってない方も多いのではないでしょうか。

 

条件としては、「楽天証券に毎月500円のポイント投資をすること」となっており、SPUの中では、継続的に出費がある部類にある項目です。

 

僕もやってみるまでは、楽天証券に口座を開設するのもめんどくさいし、投資信託分からないし、月に500円持ってかれるので、なんだか損するような気がしてなかなかできませんでした。

 

でも、やってみると手続きもあまり無いし、ポイント投資も事前の設定で勝手にやってくれるため、全然めんどくさくないことが分かりました。

 

そこで、今回はSPUの項目の一つである楽天証券へのポイント投資について解説していきます。

 

楽天のポイント投資とは

楽天証券に証券口座を開設し、お金の代わりに楽天ポイントを使って投資をすることです。

 

投資というと何万もかかるようなイメージですが、楽天証券では100円から投資をすることが出来るため、ポイントの利用をすることが出来ます。

 

楽天のポイント投資のやり方

ポイント投資のやり方は以下の通りです。

  • 銘柄(商品のこと)を選ぶ
  • ポイントを使って注文する
  • 約定して完了

銘柄を選んでしまえば後は簡単で、普通の買い物と変わりません。

 

また、買う銘柄の設定で、その場で買うものとと毎月積み立てて買うものがあります。

 

楽天市場のSPUの条件は、この積立投資を投資信託のどの銘柄でもいいので、月々500円やることという物になっております。

 

【楽天 ポイント投資】買う銘柄の選び方

投資信託の銘柄には一年で配当が出るものと毎月配当が出るものがあります。

 

毎月分配があるものは、毎月分配型と記載してあるのが特徴で、小まめに配当が受け取れる分、投資の実感が湧きやすいのがメリットですが、振込手数料が毎月かかってくるので、まとめて配当が出るものよりも少し配当が減ってしまうデメリットもあります。

 

銘柄の選び方は、気になる銘柄の個別銘柄の詳細から見ることが出来る、チャートの上下を見て決めてください。

 

銘柄の名前にあるREITとかブルとかインデックスといった意味の分からない単語にはそれぞれの意味があり、その銘柄の特徴を表しているのですが、今回は月々たった500円の投資ですので割愛します。

 

今回欲しいのは楽天市場のポイント倍率+1倍のみですので、チャートを見て変動がなるべく少ないものを選びましょう。

 

僕は、買ったときに投資信託ランキングで一位だった楽天・全米株式インデックス・ファンドにしました。

 

チャートを見て、右肩上がりだったのと配当が半年に一回出ることを確認して即投資です。配当の額も見ていませんが、月々たった500円の投資なので、最初からあてにしていません。

 

また、投資といっても銀行の預金みたいなもので、いつでも解約して引き出せますので気軽にやって頂ければと思います。

 

【楽天 ポイント投資】スーパーポイントコースの設定

条件にも書いてあることですが、必ずスーパーポイントコースを設定しなければなりません。

 

これは銘柄購入の支払いの際に、楽天ポイントから優先して使うコースのこと。

 

これを銘柄を購入する前に設定してないと、証券会社に紐づけてあるカードや銀行から現金での引き落としになりますし、SPUの条件も達成できませんのご注意ください。

 

ただ、楽天ポイントがもし500円未満のときに定期積立が発生すると、足りない分を紐づけのカードや口座から引き落としますが、その時は条件クリアとなりますので、安心してください。

 

 

【楽天 ポイント投資】楽天市場のポイント倍率+1倍

条件のクリアで楽天市場の買い物が+1倍となります。

 

一見微々たるものですが、大きな出費があるふるさと納税の時には大きな差となって現れます。

 

僕は、年に45000円のふるさと納税枠があるのですが、楽天証券分だけでも年間+450円となり、投資信託の配当を除外しても、ポイント500円分×12か月=6000円に対して450円の利息が付く計算になります。

 

つまり、7.5%の利息となりますよね。

 

銀行はもちろんのこと、株と比較しても破格の高配当であるため、たかが450円でもバカにできません。

 

また、他にも楽天市場の利用はありますので、利率は10%を超えるのではないでしょうか。

 

それぐらいの効果がありますので、わざわざやる価値は十分にあると思っています。

 

【楽天 ポイント投資】楽天証券・楽天銀行両方開設

楽天市場と楽天銀行を両方開設し、マネーブリッジを設定すると預金の金利が0.1%になります。

 

マネーブリッジとは、楽天証券で投資信託や株式を買ったときに、楽天銀行の口座から自動で出金するサービスのこと。

 

通常は銀行口座から証券会社の口座にお金を移動し、証券会社の口座にお金があるときに投資信託や株息を買うのですが、マネーブリッジをすることにより口座を移す手間を一つ省くことが出来ます。

 

預金金利0.1%は大手の銀行の10倍ほどの金利となりますので、まとまったお金がある方には特にオススメです。

 

マネーブリッジを設定しても楽天証券で投資をしなければ、銀行口座からお金が減ることはありませんので、安心して下さい。

 

【楽天 ポイント投資】注意点

楽天証券は、楽天サービスの中では珍しくログインIDは楽天証券独自のものを使用します。

 

ですので、口座を開設したとき送られてくるIDの書いた紙は必ず保管をしておいてください。

 

また、初ログインのときにIDと仮パスワードを打ち込んで、自分の好きなパスワードに変更しますので、IDと新パスワードをどこか分かるところにメモしておきましょう。

 

スマホ写真だと、流れる場合がありますし、機種編で無くなってしまいますので注意してください。

 


まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

証券会社に口座を開設するとなると、全工程で1~2週間ほどかかります。

 

なので、年末に急いでふるさと納税をやらなければならないようなときは開設している余裕がありませんので、しばらく楽天市場を使わなくても良いようなときに開設するのが良いと思います。

 

投資と聞くと、どうしてもギャンブルのようなイメージがありますが、今回はどちらかといえば銀行口座への預金みたいなもの。

 

月に500円のポイント投資をするだけで楽天市場のポイント倍率が上がりますので、ぜひやっていただければと思います。

 

-ダイヤモンドキープ
-, , ,

Copyright© 楽天ダイヤモンド会員最短3か月攻略! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.